海月バス

2017年06月10日

難病

やっと判明しました
  病気

 
昨年、7月から全身の痛みにおそわれていて、病院であちこち検査をしてみましたが、結局どんな病気か不明のまま、鎮痛薬を飲みながら耐えていました。今年に入って整形受診したとき、左側の肩に異常が見つかり、『インピンジメント症候群』と診断されました。四十肩じゃなかったよぉ〜。この病気はリハビリや手術を受けることで根治できるそうです。私はこの病気のリハリビ治療を開始しました。その渦中に首から肩、背中にかけて激痛が走り、これではとても仕事ができないと慌てて整形受診・検査したところ、また別の病気を発症していることが判明しました。

病名は『頚椎後縦靱帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)』という難病(特定疾患)でした。そう、これが昨年から続いている原因不明の痛みの大元でした。つまり、私は二つの病気を同時発症していて、自覚症状がごちゃ混ぜになっていたため、全身痛という身体が過敏に反応していたようです。残念ながらこの病気は根治不可能な病気です。今のところ、脊柱管の狭窄は手術をするほどではないため、経過観察となりました。ただ、自覚症状も軽度の障がいもあるので、これからは注意しながら生きていかなければなりません。今まで私は色んな病気と闘ってきました。何とかして、乗り越えてきたのですが、今回のは人生の中で一番手強いやつが闘いを挑んできちゃいました。おーまいがっとでございます。

いろいろ考え、悩み、泣き、うなり、吠えましたが、答えは出てきませんでした。もうジタバタしても仕方がない。今のところ、自覚症状は軽度であるし、肩の痛みの方がどちらかといえば強いので、先にこちちの方を治療していくことにしました。もうリハビリは難しいようなので、主治医と相談して手術をする準備を進めていこうと考えています。人生の中で、三度目の手術になります。私の人生のテーマは病気と闘って打ち勝つ勇気を持つことなのかもしれませんね。重く深いテーマだなぁ〜もぉ。

これからはいっぽいっぽ、私の歩みを諦めずに生き抜いて参りたいと思います。
 


海月バスについて

つれづれ日記・お知らせなどを綴っています。

最新記事